安全への取り組みSAFETY MEASURES

M・ZECの安全への意識と品質方針

品質方針

お客様の満足する最良の作品を、工期内に経済的かつ安全に提供するため、品質マネジメントシステムを確立し、継続的な改善を実施する。

全社品質目標

現場の良心に照らし合わせ、作品に対する要求事項を満たすため、理論的根拠を以って、設計、品質、安全管理を実施し、顧客満足度100%を目指す。

『安全第一』のための日々の取り組み

M・ZECでは、『安全第一』をモットーに、様々な取り組みを行っています。

  • M・ZECの『安全第一』のための取り組み1
  • M・ZECの『安全第一』のための取り組み2
  • M・ZECの『安全第一』のための取り組み3

準備運動を大切に

始業の始まりはラジオ体操からスタート。たとえ1人であっても、毎日のラジオ体操は欠かしません。体を動かすことにより、作業中の怪我予防はもちろん、1日をスムーズに始め、能率アップを目的にしています。

KY活動

KYとは、危険予知のこと。現場での作業は、危険と隣合せです。だからこそ、今日行う作業にどんな危険が潜んでいるのかを作業前に予想し、対策を講じる。そして作業者全員で、災害防止のための共通目標をもって取り組んでいます。M・ZECでは、“危険予知シート“を用いて、安全に作業できるよう努めています。

毎日の清掃

安全第一のため、整理整頓された、きれいな現場を心がけています。
もちろん、事務所内もトイレ・打合せスペース・体感ハウスなど、お客様に気持ちよく使っていただけるように清掃します。そして年に1度は、社内の整理整頓と大掃除。フロアのワックスがけ、高圧洗浄機をつかった窓の清掃まで、社長をはじめ、スタッフ全員で行います。清掃を通して、場所がきれいになることはもちろん、私たちの心も整理整頓し、スッキリとした状態で仕事に臨む機会になると考えています。

協力業者との安全朝礼

家づくりをする上で、各分野のプロフェッショナルである業者様との協力体制は必要不可欠です。そのためM・ZECでは月に一度安全朝礼を行っています。安全意識の向上と共に、目線合わせをすること機会を持つことで、もっと大きな力を得ることができます。